意外すぎ!バイブレーターは元々○○用の器具だった!

アダルトグッズを語る上でバイブレーターは外すことができない存在です。いつ、どのようなことがきっかけで発明されたのか、その意外な真実をご紹介していきます。

バイブレーターは医療器具だった

今でこそバイブは当たり前のように性行為に使われていますが、19世紀初頭では医療器具として使われていたことをご存知でしょうか?当時ヨーロッパでは成人女性たちがヒステリーを起こしたり倦怠感や抑うつ症状といったことで悩んでいました。男性はそんなことがなかったため、女性だけに起こる特別な症状として治療法が研究されていたのです。なぜヒステリーを始めとした症状が起きてしまうのか、その原因は子宮のうっ血が原因であると当時は結論づけられたそうです。そのため、医療行為として骨盤振動マッサージ(クリトリスに刺激を与える)が行われていたのです。
当初は医師たちが自らの手指を使って刺激していましたが、腱鞘炎を起こすなど治療する人が大変な思いをしてしまうということで、その他の方法を編み出す必要がでてきます。水流による刺激やゼンマイ式や蒸気式の振動器具など色々なものが発明され、女性の股間を刺激し続けていったのです。
そしてついに1880年、イギリスの医師が医療用の振動器具を発明し特許を取得。その後1902年には家庭用の電化製品製造販売会社が手持ち式の振動器具を販売します。そう、この時を境に小型のバイブレーターが誕生しアダルトグッズとして転用されるようになっていったのです。

ディルド型の特徴

バイブといって思い浮かべるのはディルド型のものではないでしょうか。ペニスに類似した形をした膣に挿入するタイプのものです。当初はただの振動する棒でしたが、日本のある技術者によって改良がなされ、クリトリス刺激用の部位が追加されたものが販売されました。それが飛ぶように売れて、日本では二股で膣とクリが同時に責められるタイプのものが主流となっていくのです。

カプセル型の特徴

バイブレーターでも最も小型のタイプがカプセル型のもの。一般的にはピンクローターという呼ばれ方をしているものです。小さくて小回りが利くため様々な性感帯を刺激しやすいというメリットがあります。またディルド型と違ってしまう場所にも困らないために、女性が内緒で購入するのにはローターが最も適していると考えられます。
膣へ挿入するようなプレイもありますが、ほとんどのローターは防水設計がなされていません。濡れている膣に挿入すると感電や故障の原因もありますので実はあまりオススメできない行為なんですね。どうしても挿入したい場合には絶縁体代わりにコンドームに入れて使用しましょう。

マッサージ器もアダルトグッズ?

本来はマッサージ器として販売されていた電マですが、今では立派なアダルトグッズとして認知されています。とはいえ、製造・販売する側はあくまでも肩や腰をほぐすためのものとして売っているので、ローターやディルドよりも激しい振動を起こします。慣れている女性であればそれくらいのハードな刺激の方が良いようですが、ローターしか使ったことのないような人はまずは下着の上から当てるようにしましょう。クリトリスに直接当てると皮が切れてしまったりする危険があるためです。強烈な快感を得られる反面、注意も必要ということですね。