風俗やアダルトグッズにみる性文化の違いについて

国が違えば文化が違うもの、当然、性に関しても全く違う世界が繰り広げられています。今回は風俗とアダルトグッズ両方を取り上げて、性文化の比較をしてみましょう。

海外の風俗はコールガールが普通

日本では法律上、本番行為が禁止なので売春婦というものは存在していないことになっています。ですが、海外では風俗というとコールガール、つまり娼婦とセックスをすることが当たり前になっています。素股などの擬似プレイをすることは一切なく、ペニスを膣に挿入するガチの本番をするのが海外風俗なのです。
また、お客と嬢の関係性も日本とは異なります。国にもよりますが、欧米系のコールガールたちは対等な関係を男性に求めます。あくまでも一人の男と女として肌を重ね、お互いに手順を踏んでセックスをするのがコールガールなのです。

日本はおもてなしの心で奉仕する

海外と違って日本では娼婦と呼ばれる存在はいません。法的に本番が禁止されているわけですから当然のことといえるでしょう。その代わりに風俗嬢という存在がいます。本番をせず、手コキ・フェラといった愛撫や素股などの擬似本番テクニックによって男性を射精に導きます。国外から遊びにくる外国人たちはこうした日本独自の性技に驚くことが多いようです。
また、風俗嬢はお客に対して性奉仕をすることが一般的です。主従というわけではありませんが、行為の形としてはそれに近いものになります。男性はあくまでもお客であり、注文があればそれにしたがってプレイを進めてくれます。満足できるプレイを通して気持よく射精をしてもらいたい…そんなおもてなしの心が日本の風俗にはあるのです。コールガールと風俗嬢、どちらが良いということではなく、それぞれ文化的な違いがあって楽しみ方も違うということを覚えておきましょう。

アダルトグッズ先進国はどこだ!?

ちょっと視点を変えてアダルトグッズについても見てみましょう。性の玩具は様々な国で製造・販売がされています。ペニスの形をした挿入型バイブにはクリトリスを刺激する部分がありますよね。実はそれ、日本の町工場の職人さんが考えて作られたということをご存知でしょうか。膣に挿入するだけでは性感を得られず、全く売れなくて困っていたところにひらめいたアイディアなのだそうです。
一方で現代のアダルトグッズの原型を作ったのはイギリス人医師であると言われています。女性のヒステリーや抑うつ症状の治療のために使われていた医療器具でしたが、次第にアダルト方向へとシフトしていき現代のピンクローターになっていくのです。
どちらも今のアダルトグッズ界では当たり前のアイテム。こうして歴史をたどるとなんだかロマンを感じずにはいられませんね。
ちなみに現在、世界的にアダルトグッズ販売で賑わいを見せているのがヨーロッパ諸国です。ドイツやスウェーデンなど医療的な先進国では人間工学に基づいた画期的でスタイリッシュなデザインのグッズが次々と生み出されています。日本でも輸入販売している業者によって入手可能なので、手にしたことがある人もいるでしょう。
日本ではSODの関連会社であるTENGAが斬新なアイテムを販売しています。特にオナホールというアイテムは海外ではあまり作られていないものなので、世界的にも需要があり注目を集めているようです。